アフィリエイトで「Nost Life」を掴んだ手法と秘密

ドクター倫太郎 最終回 予想が大ハズレ〜心を癒やすには…〜

 

ドクター倫太郎の最終回、予想が大ハズレでした…

 

 

 

だって予告やCMでは倫太郎先生は病院を辞めて、
夢乃と結婚しそうな感じだったから、てっきりそう思っていたら・・・

 

 

 

えぇ〜っ!!!

 

 

 

ドクター倫太郎、フラレちゃいましたね(-_-;)

 

 

 

そして、自閉症スペクタラム、ザバン症候群のしんや君にも
フラれた事を言われちゃって(*´艸`*)

 

 

 

夢乃の「先生を私一人の先生には出来ない」という思い。
とても素敵でだけど、哀しいですね。
物凄く強い女性です。

 

 

 

最後の講義の時間…
ここでは、素敵な言葉が沢山でてきましたね。

 

「心の病は個性」

 

「愛情不足で心の病になった場合、薬やものの見方を変える
 だけでは治らない、治療者が共感的に寄り添うことで良くなる」

 

「本当の愛情がなければ、人を救うなんて大それたことは出来ない」

 

「人を癒やすのは愛しかない。人を本当に愛すべきだ」

 

と、いろいろありました。

 

 

 

メモが取りきれなかったです(-_-;)

 

 

 

ドクター倫太郎、最終回の最後の最後の講義は、
「治療者としてどうするべきか?」
という事を話していますが、これは心の病を持っている人の家族、
障害を持っている人の家族にとって、大切な事が沢山詰まっていたと
私は思います。

 

 

 

「心の病は個性」

 

 

 

この言葉は、一番響きました。
ただ、「心の病」ではなく、「障害」とか「ハンデ」とかそんな言葉に
私はすぎに置き換わったんですけどね。

 

 

 

ADHDもアスペルガー症候群もてんかんも、それらは全て
「長男の個性」
なんですよね。

 

 

 

その部分が「嫌い」とか、「後ろめたい」ということではなく、
ADHD、アスペルガー症候群、てんかん、それらも全て含めて長男

 

 

 

そんな長男を「私は心から愛してあげれていたんだろうか?」
と、私は自分に問いかけていました。

 

 

 

「人を癒やすのは愛しかない。人を本当に愛すべきだ」
私は長男を癒してあげれるくらい、愛してあげれていたのかな?
長男の苦しみを理解できず、理解しようとせず、目を背けて、
私の物差しで全て長男を見てきていたな・・・と。

 

 

 

 

でも、本当は心の病とか、障害とか関係なく
「人を心から愛す」
というのは、人としてとても大切なことで、それができれば、
きっと、戦争も犯罪もなくなるのかもしれませんね。

 

 

 

と、ちょっと話がそれましたね^^;

 

 

 

今まで、いろんな事で寂しい思いをさせてしまった長男。

 

 

 

ADHDというハンディについてはまだ本人に話せていません。
長男がもう少し自信を取り戻して、本人に告知をして、
今度は一緒に時間をかけてゆっくりADHDと向き合って、
対策が取れるようにしなくてはいけませんね。

 

 

 

そう、長男一人でではなく、私や弟妹と一緒に!

 

 

 

そのために今私がやるべき事をしっかりやって、
子供たちを支えて癒していきたいと思います(*^^*)

 

 

 

今、私がやるべきことと、やっていることとは・・・
↓   ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
ドクター倫太郎 最終回 予想

無料メルマガと無料メール相談

メルマガバナー


ささいな事でも構いません。
「どうしよう・・・」と悩んでいる時間がもったいないですヨ!

気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
もちろん、無料です。
押し売り等も決して「致しません!」のでご安心ください♪

目標1


ぽち!っとご協力をお願いしますm(__)m




関連ページ

Dr.倫太郎 第9話の感想~ADHAの長男との接し方を学ぶ~
てんかん・ADHD・アスペルガー症候群を抱える長男 しかも、全て半年の間に診断される・・・ 中学1年の長男とばな奈の奮闘記

 
トップページ もくじ プロフィール メルマガ お問い合わせ
ブログパーツ