なぜヨガなのか?

ヨガは、ジョギングやランニングなどのエクササイズとは異なります。

ヨガは、サンスクリット語の「むすぶ」「つなぐ」という意味です。

ヨガは、心と体を「むすび」「つなぎ」ます。

ヨガには、リラックス効果(幸せホルモンの分泌を含む)がありあす。

そのため、精神的なストレスにも非常に効果的です。

ヨガは、ストレッチとも異なります。

ヨガとストレッチとの大きな違いは、「呼吸」への意識です。

ヨガでは、呼吸がポーズをリードします。

吸う息よりも吐く息を長くして、身体を流れる血液、筋肉、関節や骨の状態など、身体の中で起きている小さな現象を観察(内観)します。

呼吸を使って体の中からキレイになっていくデトックス効果を感じることができます。

ヨガの様々なポーズは、筋肉の伸長と伸縮を繰り返すことで適度な筋トレ効果があります。

ヨガでは主にインナーマッスルが鍛えられます。

ヨガは、身体が硬い方でも、どなたでもできます。

ヨガはポーズの完成形をめざすものではありません。

ポーズの目的をしっかりととらえることが大切です。(そのためにインストラクターがいます。)

身体が硬い方こそ、ポーズの目的に沿って身体を動かすことで、これまでに感じたことがない身体の伸びを感じていただけると思います。

ヨガの効果は、医学的に証明されています。

ヨガの効果として、ストレスの緩和、心拍数や血圧の低下、不安や鬱症状の緩和、総合的な体調・体力・柔軟性を向上することが医学的に示されています。

ストレスがもたらす不調・疾患に対して、その原因であるGABA(=脳の中の抑制性神経伝達物質)の減少を防ぎ、増加させることで症状の改善をはかることができ、「統合医療」としても注目されています。

    • 情報出展:厚生労働省ー統合医療に係る情報発信等推進事業